絵画の査定に出す時の注意点

一般的に絵はよほどでない限り高値にはならない

ちなみに、絵に限らず骨董品などを含めた芸術品というのは、作者がすでに他界している作品のほうが価値があるものです。
どんな作品でもそうだというわけではないですし、とても有名な作家であればまだ他界していなくても十分に価値があることが多いでしょう。
しかしながら古い時代のもののほうが貴重だとされることも多いので、珍しい作品のほうが高値になる可能性が高いということも覚えておくと良いでしょう。
絵というのは好き嫌いで判断することはできても、芸術的に価値があるものなのかそうでないかは素人にはわからないものです。
外国の骨董市などでたまたま年代物の価値ある作品が販売されていたなどの夢のある話もありますが、日本ではそういったたぐいの夢のある話はなかなかないので、一般的に絵はよほどでない限り高値にはならないというようにとらえておいた方が良いでしょう。
そうした価値ある絵を集めるのが好きだった人であれば代々受け継がれているような絵もあるでしょうが、高額な有名な絵は盗難の心配もあることから美術館などで管理されているようなことが多いですし、一般的に出回っているようなことも少ないものです。
普通に生活している家庭では、見つけることも購入することも難しい場合がほとんどでしょう。

飾る予定もなく倉庫にしまいっぱなしなどになってしまっては勿体ない / ちゃんと家まで出向いて鑑定してくれるところを選びましょう / 一般的に絵はよほどでない限り高値にはならない

絵画 査定写真での査定にはどのくらい時間がかかりますか?